専門学校大研究

海外の専門学校

専門スキルを磨いてキャリアアップ

オーストラリアは、業界の第一線で活躍する優れた人材教育を目指し、世界的に高い評価を誇る“専門職の教育機関”を全国的に設けています。それが、キャリアに直結した実践的な知識や専門技術を磨く、VTE:Vocational and Technical Educationと呼ばれる専門学校です。

オーストラリアの専門学校の魅力は、変化を続ける国際市場の新たなニーズや需要に対応し、常に進化しているそうです。
産業関連機関や職業団体と緊密な協力関係にあり、実際の職場で必要とされるスキルを持った卒業生を送り出すために産業界の最新の動きや変化をキャッチし、それに沿ったコースがデザインされています。

専門学校はまた、様々な分野で各業界で活躍している社会人にも大人気です。
例えば、多くのビジネスマンが、自己啓発や昇進を目指し、ビジネス上で求められる最新の知識やスキルを習得するために、それぞれの目標に合ったレベルのコースを受講しています。また、キャリアチェンジをしたい人、現状を改善したい人など、様々な目的を持った社会人学生が真剣にチャレンジしています。

最大の魅力は、やはり短期間で国際的にも通用する専門資格が取得できることでしょう。幅広い分野にわたる様々なレベルの資格がありますが、特に業界最高峰の専門性を極めるため、大学院レベルの高度な資格も提供されているのが特徴だと言えます。

海外旅行保険ならきちんとした所を選んで下さい。勉強の為に海外に行くと言っても何があるかわかりません。
ですので、信頼できる保険会社をきちんと選ぶ必要があるのです。

専門学校教育の特徴

オーストラリアの専門学校は、TAFF(専門技術教育を行う公立の総合専門学校の総称)
と呼ばれる公立の総合専門学校と私立学校の2種類に大別されます。TAFEは、州政府によって運営されており、都市部と地方のキャンパスをネットワークで結び、各キャンパスで幅広い分野の専門指導を行っています。

一方、私立の専門学校は、観光業、ビジネス、デザインなど、分野を特定している学校が多いのが特徴です。
各教育機関が実施するコースやプログラムは、政府の認定を受け、定期的なチェックの下で適切に管理されており、講師陣をはじめカリキュラムや指導内容などの高い水準が守られています。
また、最先端のテクノロジーを駆使した設備が充実し、実践的な学習に適した環境が整っています。

オーストラリアは、「オーストラリア教育システム」という包括的な資格制度の下、国内の専門学校や大学などで取得できる特定の学位・資格を全国的に認定しています。取得した単位や資格は別の教育機関でも認められるので、あるコースを修了した学生は、新たな資格を目指したり、他の学校で上級レベルのコースに進んだりすることもできます。つまり状況に応じ、それぞれのキャリアプランに最も適した学習スタイルが選べるので、とても効率的に資格の取得ができます。

オーストラリアの専門学校で取得できる資格
サーティフィケート1
4~6ヶ月

必要な管理指導のもとで、業務内容の理解、実行能力に基づく初歩的な技術を身に付けます。

サーティフィケート2
6~8ヶ月

決められた管理指導のもとで、サーティフィケート1よりさらに複雑な業務内容を理解し、実行能力に基づいた基本的な技術を身に付けます。

サーティフィケート3
約1年

専門性と業務管理能力、高いレベルの自己管理能力、技術面での適応力をつけます。

サーティフィケート4
1年~1年半

幅広い専門性、一定の責任に基づいた業務管理および経営管理能力を身に付けます。サーティフィケート3のコース修了、または規定の高校修了資格を持つことが入学条件です。

ディプロマ
1年半~2年

理論と技術に基づく高い専門性を身に付けます。サーティフィケート4のコース修了、または規定の高校修了資格を持つことが入学条件です。

アドバンス・
ディプロマ

2年~3年

複数の職種にわたる適性能力、より複雑かつ高いレベルの専門技術、管理者としての責任が求められます。大学の学士に次ぐ資格です。
ディプロマ修了、または規定の高校修了資格を持つことが入学条件です。

ボケーショナル・
グラジュエート・
サーティフィケート
半年

大学院レベルのグラジュエート・サーティフィケートに相当。
職業分野のエキスパートとして、マネージメントに基づく高度な職業知識とプロとしての専門スキルの向上を目指します。アドバンス・ディプロマや学士号などの特定の学歴と職歴を持つことが入学条件です。

ボケーショナル・
グラジュエート・
ディプロマ
1年

大学院レベルのグラジュエート・ディプロマに相当。ボケーショナル・グラジュエート・サーティフィケートに引き続き、職業分野のエキスパートとして、更に高度な職業知識と専門スキルの向上を目指します。
アドバンス・ディプロマや学士号などの特定の学歴と職歴を持つことが入学条件です。

※一部の学校では、学内で提携大学の学士課程プログラムを実施していて、専門学校資格に加え学士号を取得することもできます。

滞在施設・留学生サポートについて

滞在施設・スティ先

ホームステイやアパート、寮などさまざまな滞在施設があり、学校に依頼すると希望に合った宿泊場所を探す手伝いをしてくれます。長期留学する場合、初めはホームステイや寮など学校が手配してくれる滞在先を利用すると安心です。環境に慣れてきたら、個人または友達と共同でアパートを借りて自由に生活するのも良いでしょう。

留学生サポート

留学生が安心して学生生活を送れるよう、サポート体制はとても充実しています。
ほとんどの専門学校には「留学生センター」があり、滞在先の手配から空港到着時の出迎えをはじめ、留学生活に早く慣れるよう生活全般について丁寧にサポートします。また、専門スタッフによる学習アドバイスや英語のサポートも行っているので、積極的に活用しましょう。

希望に応じて、キャリアの情報や大学進学など将来の進路に関するアドバイスも受けられます。課外活動も盛んで、スポーツ、国際交流イベント、パーティーなどバラエティーに富んだアクティビティーが用意されているので、留学生活そのものを楽しむことができます。

専門学校就職率100%の実態 - NAVER まとめ

注目サイト

2015/8/20 更新

Copyright c 2008 専門学校について All Rights Reserved.